届けたい近江野菜について

季節ごとの近江野菜

アロエ

3月~発売予定。去年植え付けたのが順調に育っています。一年中。

飲むのも良し食べるのも良し、塗るのも良し。昔から 医者いらず。民間万能薬と言われてた様です。

スイスチャ-ド

年間をほぼ1年中。

葉柄色は黄・赤・白色などカラフルで、和え物・お浸し・油炒め・サラダなどに利用出来ます。

グリーンマスタード

1月~3月

葉は薄く 食べるとピリッとした辛みが有り、青臭みやその他のクセは無く、サラダなどで食べます。

パクチー(コリアンダー)

春・秋・冬

強い匂いで、生臭みを消す。生食、鍋料理に、一度食べると 癖になる。

ほうれん草

3月~6月頃頃まで ・10月下旬~1月

アクが少なく、お浸し、和え物、油炒め、など幅広く利用出来、美味しいです。

守山矢島かぶ

11月~1月

守山市矢島町に織田信長の時代より伝わる伝統野菜。濃い赤紫の茎と身は赤紫と白色のツートンで甘酢漬け、浅漬け、煮物に向いています。綺麗な紫蕪です。

サラダかぶ

11月~翌年1月頃、5月~6月

キメが細かく、大変甘く、サラダ 漬物 煮物にどうぞ。

nophoto

ブロッコリー

11月~3月頃

白菜

10月~1月

しっかりまいてあり甘味のある白菜。

nophoto

大かぶ

11月~1月頃

千枚漬けに使う大きなかぶ。寒さで甘味が増します

こかぶ

11月~1月頃

みずみずしく甘味があります。地元産なので葉も新鮮で調理できます。

nophoto

紅芯大根

11月~1月頃

中が赤く色鮮やか。生で食べられます。また酢を付けるとより赤くなります

大根

11月~1月頃

みずみずしく辛みが少ないのが特徴。少しの衝撃で割れてしまうほどやわらかい

聖護院大根

聖護院丸大根

11月~1月頃

きめが細かく、煮るとぽったり柔らかいのが特徴。煮炊きする料理におすすめ

人参

人参

4月~6月、 11月~2月頃

香り、風味がとても良く色鮮やか。味も人参の本来の味がします

カリフラワー

11月~翌年1月頃

生でも食べられ、みずみずしい。カラーバリエーションもあります

日野菜

10月~12月

日野町が発祥の近江の伝統野菜。お漬物にするとほんのりピンクの桜漬けになります

かぼちゃ

8月~10月頃・12月冬至かぼちゃ

えびすかぼちゃ。果肉はしっとり系

ページトップ